特注品

老朽化したコンベアベルトの材質選定と長さの測定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

老朽化したコンベアベルトのタイプ・サイズ選定と特注サイズ製作事例のご紹介です。

老朽化したコンベアベルトを交換したいというご依頼をお客様よりいただき、選定を行ったうえでご希望の商品を納品させていただきました。

選定時のこんなお困りごと

通常であれば、コンベアベルトの内側に型式が印字してあるのですが、長く使われていたコンベアの為、印字がありませんでした。

その他、コンベア自体が既製品ではなく、特注品の為、どの種類のコンベアベルトを使用しているのかも特定できません。

  • コンベアベルトに型式の印字がない…
  • コンベアが特注品の為、使用しているコンベアベルトの特定ができない…

先方は選定を弊社にお任せ

型式がわからないため、選定を弊社にお任せいただくことができました。

使用状況より材質の選定して、幅、長さの測定して既存のコンベアベルトと同等の製品を納入することができんした。

どのように選定して納入したか

本来、コンベアベルトの選定には、

  1. 材質の選定
  2. プライ数(ベルト中にある布の枚数)
  3. 桟の有無(ズレを防止するための溝)
  4. 幅の選定
  5. 長さの選定

が必要となります。

ただし、コンベアベルトの型式がわかる場合には、長さ以外は特定が簡単にできるかと思います。

型式がわからない場合は、材質とプライ数の選定を、運搬物、かかる荷重、色は何色かなど、使用状況から選定する必要があります。

それ以外は、桟の有無目視で確認し、幅、長さを測定することで割り出せるようになります。

材質選定に必要なこと

材質の選定には、運搬物が何なのか、かかる荷重はどのくらいなのかなどが必要となります。

  • 運搬物
  • 荷重
  • コンベアの回転速度

長さの測定方法

コンベアベルトは、エンドレスで輪になっています。

長さを求めるには、軸間距離と両サイドのプーリーの軸径を測定することで割り出せます。

おおよその長さとなりますが、計算式としては、

軸間距離×2+プーリー直径①×3.14/2+プーリー直径②×3.14/2

となります。

例えば、

  • 軸間距離:1000mm
  • プーリー①:φ100mm
  • プーリー②:φ150mm

の場合、1000×2+100×3.14/2+150×3.14/2=2392.5 となり、

コンベアベルトの長さは、2400mmにすれば良いとなります。

まとめ

コンベアベルトの選定は、上記のように特定すれば簡単にできます。

また、選定方法がわからない場合は、出入を行っている業者さんに質問したり、選定してもらったりすることもできます。

三重県北勢地域の方であれば、株式会社逢産業が現場のコンベアを見させていただき選定しますので、是非お声がけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る