加工事例

スプロケットへの内径追加工【三重県 機械部品 追加工】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

既製品のスプロケットへの内径追加工の事例紹介です。

本事例では、既製品の下穴品のスプロケットへ旋盤加工により内径を追加工しました。

既製品のアイドラースプロケットには、チェーンNOや歯数、ベアリング内径にどうしても制限が出てしまいます。

ご要望に合ったアイドラースプロケットを手に入れるためには、既製品のスプロケットを加工して製作するのが一番良いかと思います。

チェーンNOをはじめ、ボスの幅、使用したいベアリングやシャフト径など、詳細をお伝えいただければベアリングを組み込んだものをご提供することも可能です。

その他、ベアリングの固定方法もスナップリングによる固定をはじめ、カシメて固定する方法もご提案が可能です。

特注のアイドラースプロケットをご希望の方や、既製品への追加工のお困りごとがあれば、是非、株式会社逢産業へご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

設備・機械部品でお困りごとはありませんか?

株式会社逢産業では、金属加工品をはじめ、樹脂加工品、ゴム加工品など、あらゆる材質の加工品を取り扱っています。

加工種別も旋盤加工やフライス加工、マシニング加工などの機械加工をはじめ、製缶・板金、溶接と組み合わせた複合加工も得意としています。

機械部品や設備の加工部品でお困りごとがあれば、お問い合わせボタンより株式会社逢産業へご相談ください。

お問い合わせ